マイホーム計画には予算が大切。住宅の総予算から土地や建物を決めていくからです。とはいえ、細かくシミュレーションするのもハードルが高いもの。まずは、現在の住居費を元にした額と、年収を元にした額の2パターンから、FP先生の診断を受けて考えてみましょう。

丸山 高信先生(With Financial Partners-ウィズ ファイナンシャル パートナーズ-)

大手会計事務所、経営コンサルティング会社を経て独立。住宅取得や相続などのFP相談の実務をおこないながら、お金に関する講演や、高校や大学などでFP受検指導を多数実施。 ●CFP®(日本FP協会認定)
●1級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)
●宅地建物取引士
●証券外務員一種
●消費生活相談員資格/消費生活専門相談員
栗東市小柿6丁目10-23-402 / TEL&FAX … 050-3488-0750 / E-mail … maruyama@with-fp.com

CASE 01相談者 Mさん(31歳・栗東市在住) ●世帯年収 530万円 ●家賃 7.5万円

共働き夫婦と子どもの3人家族。新築を土地から検討中。両方の両親から資金援助の申し出あり。

2通りの方法で月々の返済額を算出します

  • パターンA 現在の住居費から算出
    住居費予算(現在の家賃) 75,000円
    固定資産税(概算) ‐10,000円
    毎月返済額 65,000円
  • パターンB 借入可能額から算出
    審査対象年収 530万円
    返済負担率 35%
    毎月返済額 154,583円

毎月返済額から借入額を計算します

  • パターンAからの試算
    借入期間 35年
    シミュレーション金利 1.27%
      2,203万円
  • パターンBからの試算
    借入期間 35年
    シミュレーション金利
    (審査金利)
    4%
      3,491万円

低い方を採用するので… Mさんの
住宅予算は 2,203万円 です

 今回の相談者さんは、毎月75,000円の家賃を支払われています。家賃全額を住宅ローン返済に充てても良いのですが、マイホームを所有することで固定資産税の支払いが毎年発生します。1万円は固定資産税のための積立として考え、毎月返済額が65,000円となる住宅ローンの借入額を算定すると、2,203万円となります。
 一方、金融機関による審査でMさんが借りられるだろう金額は、3,491万円です。今後の家計の支出を考えた上では、住宅予算は2,203万円までに留めておいた方が安心です。
 とはいえ、親御さんからの資金援助があるかもしれないとのこと。もし500万円の援助を受けられるのであれば、マイホームの予算は2,703万円とすることができますね。
 もう少し予算を増やしたいとのことでしたら、長い目で見た家計の中に余裕があるかどうか、ライフプランシミュレーションを行ってより詳しくアドバイスすることも可能ですよ。

Check!

あなたも住宅予算を診断してみませんか?毎月1名(計3名)様まで無料で回答いたします。詳細・申込はこちらからどうぞ。申込多数の場合は抽選となります。